The Toyota Production System (TPS) トヨタ生産方式 基礎

Process Improvement Japan

Loading

TPSはモノづくりの観点から生まれたマネジメント哲学で、人間尊重志向が基盤となっています。なぜならばシステムを実際に運用するのは人であるからです。TPSはチームメンバーのひとり一人を大切が礎をなしていると云えましょう。そして、チーメンバーの効果的な時間の活用、全員参加、創意工夫を重要視することが主要な要素。TPSのもとにおいては、メンバー全ての行動が生産工程で付加価値を生みだし、全体的な生産性の向上つながっていなければなりません。またTPSでは、コミュニケ―ションと目で視る管理がTPS成功の核となっています。

Toyota Production System Basics

TPSの大黒柱は何でしょうか。

1.標準化

2.ジャストインタイム

3.改善活動

4.自働化

5.TPM

Process Improvement Japan Daily Control Chart

The Toyota Production Systemの目的

  • 徹底的なムダの排除による原価低減――良い製品は安全で、原価が安い。
  • 優れた品質が得られやすく、保障し易くする。
  • チームワークを基本とした人間尊重志向の、潜在力を生かす職場づくり。
  • 市場の変化にスピード感を持って対応する生産システムの構築。

Key to understanding The Toyota Production System:

利益と原価

減価 + 利益が、価格ではない

価格 – 減価 = 利益

利益を増やすために、価格を上げるのではない。――価格は市場が決めるものである。

市場では、企業は機能、品質、価格で互いに競争をする。

減価低減は、生産方式や物流の手法で決まる。 社内のノウハウや革新力を活用して減価低減を実行し、利益を生み出す。

減価低減なくして、利益は期待できない。

TPSの基盤は、最も効率の良い方法を追求し、生産のあらゆる側面における全てのムダの排除を行うことである。

この思想はトヨタ自動車の創立者、故豊田喜一郎氏(初代社長)のよって築かれたものである。

The Toyota Production System 核を成すものは、徹底したムダの排除にある。

七つのムダ: これらのムダはさらに多くのムダを生み出してしまうことになり、結局は会社の経営に重大な結果をもたらす。

七つのムダ

Return from The Toyota Production System to Process Improvement Japan