TQC - Total Quality Control

A process oriented approach to quality management

プロセス志向の経営品質

TQCはプロセスに最重点を置く、プロセス改善・インプルーヴメントの手法である。

TQC vs. TQM - その違いは? what`s the difference?

TQC

  • 工程と継続的な工程改善に重点を置く。
  • 全員参加が必要。従業員には進んでアイデアを提案し実行することが求められる。
  • 工程、手法が変更できる柔軟性。
  • 目標は絶対的なものとは限らず、変化するマーケットに対応できることが重要。
  • 弱い側面: 最終的な結果が本来の目標と異なる場合がある。プロセスに集中するが故に目標を失いやすい。

TQM

  • 目標、目標の早期達成に重点が置かれる。
  • システムは単純でわかりやすい。
  • 情報の伝達は正確。
  • 目標が設定され、プロセスが考えられる。
  • 弱い側面: 従業員が積極的に考えることや、プロセス改善の実行が出来ない。誤りや遅れのリスクをおそれる。

TQCのさらに詳しい内容は後ほど!

Return from TQC in Japanese to TQC in English

Return from Total Quality Control to Total Quality Management