Process Improvement Japan

プロセス インプルーヴメント ジャパン


日本本部について

Kozo Sakano, Director, Process Improvement Japan

Mr. Kozo Sakano 坂野耕三

Click here for Kozo Sakano`s Photo Gallery and Profile.

1985年名古屋にエクセルインターナショナル、文化・コミュニケ―ション・ビジネスコンサルティングを創設。日本の製造業を中心に、各企業のニーズに合わせたオリジナルのプログラムを開発し指導を行ってきた。トヨタ自動車ならびトヨタグループ企業の教育訓練に深くかかわる。特に、グローバル化、国際オペーレーションに焦点を絞り、その内容にはトヨタ生産方式やその他工場マネジメントの重要部分が含まれる。世界の生産現場の数多くを歩き、またトヨタのトップ・エグゼクテイヴに対してグローバル・オペレーションの戦略的アドバイスも行う。さらに、トヨタの専務取締役、豊田合成の社長も務められた故根本正夫氏や前アイシン精機社長の教育も行う。現在、プロセス・インプルーヴメントの研究と教育を広く深く展開している。また坂野氏はアイシン精機副会長、山内康人氏が主宰するTQM研究会のメンバーでもある。
アジア太平洋奨学生としてハワイ大学大学院でコミュニケーションを学ぶ。
エラスムス大学のロッテルダム経営学スクールのEMBA、IPADE ビジネススクール(PanAmerican Institute for High Business Direction), EDHECビジネススクール,フランス,そしてストックホルムスクールオヴビジネス,ロシアに対してTQMや企業文化論、プロセス・インプルーヴメントの講義を行い日本の現状を海外の人々に紹介伝道する。 著書には、『ビジネス・リーダーシップ』『プラント・コミュニケーション』『産業英和和英辞典』他、エクセル出版がある。

鈴木コウジ

Koji Suzuki, Process Improvement Japan

鈴木コウジは誰でしょう? 数多くの日本人社長や専門家を代表しています。彼を知り、親しくなることで多くのことが学べます。プロセス・インプルーヴメント改善のあるべき姿、教育の目標を創り上げる過程では、私たちの先生でもあります。鈴木コウジ氏を通して知恵と哲学を学び、継承してまいりましょう。

プロセス・インプルーヴメント改善・ジャパンのミッション

私たちのミッションは、世界の絶えざる改善の推進力となることです。皆様の組織と日本企業の改善の専門家の橋渡しをいたします。

私たちの公約

日本の製造業の現役ならび元社長、各分野の専門家、現場の人々との緊密な絆を通して、詳細にわたる情報や教育的プログラムを提供いたします。

活動内容

国内外の企業とその専門家をグローバルにつなぎます。以下に内容を記します。

  • 産業活動の詳細にわたる研究と事例
  • リーンモノづくり・改善TQC、リーンヘルスケア、5S
  • 海外研究プログラムの主催
  • 日本のモノづくり、一流企業と内外の大学との関係構築
  • コンサルティングサービス -プロセス・インプルーヴメントの専門家によるグローバルサービス
  • 日本の一流モノづくり企業へのベンチマーク視察
  • グローバルな視野を身につける、日本企業のための海外視察
  • ネットワーク構築と文化イべント
  • 通訳翻訳サービス

Contact Process Improvement Japan 問い合わせ

日本本部プロセス・インプルーヴメント・ジャパン

名古屋市中区栄 2-1-10,

伏見フジビル5F

JAPAN

Phone: + 81-909-9349-761
Email: training@process-improvement-japan.com

Return from Process Improvement Japan About Us to Process Improvement Japan

Enjoy this page? Please pay it forward. Here's how...

Would you prefer to share this page with others by linking to it?

  1. Click on the HTML link code below.
  2. Copy and paste it, adding a note of your own, into your blog, a Web page, forums, a blog comment, your Facebook account, or anywhere that someone would find this page valuable.