5s - 改善されてムダのない

5s オフィス マネジメント

Koji Suzuki, lean sensei, Process Improvement Japan

鈴木コウジ日記...

鈴木コウジ日記... 定まった数字には根深い固定観念を持つ人が多いようです。例えば:

1. 部には10名のメンバーがいます。一人が辞めたり、移動したりした場合、多くの人はそれを埋める代わりが必要だと信じているようです。

2.仕事の量が増えてきた。以前は五人でこなしていた。仕事量の増加のため、さらに二人が必要と考える。

このような見方をすることが正しい場合もありますが そのような考えの 80% は現行の数字に対する固定観念に基づくものです。

生産の現場では生産性を示す数多くの指標がありますが、残念ながらオフィスの生産性を測る有効な手段はありません。よく言われることは、データや実数字で生産を示すことはできるが、オフィスには当てはまらない。なぜなら、オフィスは仕事の性質が異なるから。私は、そうだと思いません。評価の方法を考え直し、5Sなオフィスを創り出しましょう。

以下の公式を使って生産性を測ってみましょう:

現在の売り上げ ÷ 人の数

現在の売り上げ + 新しく与えられた仕事 ÷ 人の数

5sマネジメント・改善は数字の固定観念を否定することから始まります. 定まった数で行われる野球のようなルールとオフィスの仕事を混同しないでください。

オフィスの5s

5sは、単に生産工程の改善ためのツールだけではありません。 すべてで重要。しかし実際には、オフィスでは余り重要視されていないようです。効率的なオフィスマネジメントに、いかに5sが重要か。詳細についてはここをクリックしてください。

効率的なオフィスマネジメントに、いかに5sが重要か。詳細についてはここをクリックしてください。

Return from 5s to Process Improvement Japan